前へ
次へ

賃貸マンションの天井の高さを見ておく

賃貸マンションの間取り図だけでわからないこととして天井の高さがあります。平面図では部屋や収納の広さやどこに設備があるかはわかりますが、それぞれの部分にどれくらいの高さがあるのかまでは書かれていません。部屋の写真が情報としてあれば何となくはわかるでしょうが、それでも実際に見てみないと住むのに十分な高さがあるかわからないでしょう。日本人の平均身長は高くなっているので、新しい賃貸マンションなら身長180センチぐらいの人でも問題なく住めるでしょう。築年数が少し経過している物件だと身長が高い人は扉部分をそのまま通るのは難しいところもあります。天井に関してはぶつからないでしょうが低いところだと圧迫感を感じるでしょう。一方天井が高いと低いところよりも広く感じます。天井が高ければその分空間が広いので、収納棚などを使えばたくさんのものを置くことができます。身長が高い人や物をたくさん置きたいなら内見の時に希望の天井高になっているか確認しておきましょう。

Page Top